お知らせ

外食産業市場動向調査結果(11月分)について

2021.12.27

一般社団法人日本フードサービス協会は、協会会員社を対象とした外食産業市場動向調査令和3年11月度の集計結果をまとめました。
「外食産業市場動向調査」は新規店も含めた「全店データ」を業界全体及び業態別に集計し、前年同月比を算出しております。





<外食市場 11月の動向>

営業制限がとれ概ね緩やかな回復基調の一カ月





全国的に約1年ぶりに営業時間短縮要請が解除され、酒類提供の制限も無くなり、好調が続くファーストフード洋風の牽引で全体売上はほぼ前年並みの99.8%、一昨年比で91.8%まで回復した。

飲酒業態は前年比96.8%と回復の兆しが見える。

11月は希望を取り戻した一カ月だが、新しい生活様式の表れか、夜間の客足は鈍い。

特に飲酒業態は一昨年比では51.9%と、コロナ前の半分にしか戻っておらず、マーケット回復に向け課題が多い。






詳細はこちらからご確認ください

外食産業市場動向調査(令和3年11月度)