お知らせ

外食産業市場動向調査結果(11月度)について

2022.12.26

一般社団法人日本フードサービス協会は、協会会員社を対象とした外食産業市場動向調査令和4年11月度の集計結果をまとめました。
「外食産業市場動向調査」は新規店も含めた「全店データ」を業界全体及び業態別に集計し、前年同月比を算出しております。





<外食市場11月の動向>

コロナ第8波は行動制限なくも、消費者の行動自粛がとくに夜間営業に影響




11 月の外食は、コロナ第 8 波が拡大中も行動制限がなく、相次ぐ価格改定に加え、インバウンド受け 入れや全国的な旅行支援が 10 月から実施され、おおむね表面上の売上数値は伸びて対前年比 108.9%と なった。だが原材料費、エネルギー費、人件費等の高騰は価格改定ではカバーしきれないほど大きい。 さらに、自粛気味の消費マインドが加わり、とくに夜間の客数が振るわず、全体として勢いのある回復 とは言えない。事業継続の足かせがほぼ無くコロナ前の外食シーンに戻りつつある欧米とはかけ離れた 状況となっている。



詳細はこちらからご確認ください

外食産業市場動向調査(令和4年11月度)