お知らせ

外食産業市場動向調査結果(4月分)について

2021.05.26

一般社団法人日本フードサービス協会は、協会会員社を対象とした外食産業市場動向調査令和3年4月度の集計結果をまとめました。
「外食産業市場動向調査」は新規店も含めた「全店データ」を業界全体及び業態別に集計し、前年同月比を算出しております。





<外食市場 4月の動向>

壊滅的打撃から1年余、コロナ前への回復には程遠い現状




4月は、まん延防止措置が5日から宮城県、大阪府、兵庫県に、12日から東京都、京都府、沖縄県に適用され、さらに25日からは3回目の緊急事態宣言が東京、大阪など4都府県に発令され、宣言下地域においては酒類提供が禁止となった。


当然ながら客足は鈍り、とくに飲酒業態は大打撃を被った。


前年4月が動向調査史上最悪の落ち込みとなったため、今回の全体売上は対前年同月比136.7%となったが、コロナ禍前の前々年対比では80.5%にとどまり、依然としてコロナ以前より遙かに厳しい状況が続いている。





詳細はこちらからご確認ください

外食産業市場動向調査(令和3年4月度)