お知らせ

あしぎん経済概況 7月号

2020.07.15

株式会社あしぎん総合研究所は、7月15日に「経済概況7月号」を公表しました。

概要は以下のとおりです。




栃木県経済は、総じてみると“弱い動き ”となっている。



7月1日に公表された「日銀短観」の6月調査によると、ほぼ全ての業種で景況感が悪化しており、新型コロナウイルス感染症の影響を色濃く反映した。


栃木県においては、サービス消費を中心に個人消費が停滞し、製造業でも生産調整が継続するなど、県内経済への下押し圧力が強まっている。


さらに、GWの行楽需要が剥落したサービス産業を中心に雇用情勢が急速に悪化しており、雇用・所得環境の悪化を通じた個人消費への影響を注視する必要がある。




詳細はこちらからご覧ください。

あしぎん経済概況 令和2年7月号